薬剤師が転職するのにベストなタイミングとは?!



薬剤師の業界は、すでに飽和状態といわれております。現在であれば薬剤師求人サイトを活用すれば転職は難しくありませんが、今後はその転職が難しくなると考えられています。
保健師のやりがいや魅力とは?

これは、現場で働いている薬剤師もすでに感じていることであり、一昔前のように薬剤師の免許さえあれば、薬剤師転職に困ることはないという時代は終わったということになります。


そうなってくると、今の職場で長く働くつもりがない人は、早めに転職した方が良いのか?ということになりますが、必ずしもそうとは言えないでしょう。

その理由を解説する前に、現在の薬剤師業界について把握しておく必要があるといえます。まず、薬剤師の場合、男女比率でみると女性の方が多いといわれています。

そのため、結婚や出産、育児がひと段落した女性が、復職するケースがあるということです。現に、復職する30代や40代の女性薬剤師の数は年々増加しており、この勢いはまだしばらく続くと考えられています。

それから、薬学部の増設も関係しているといえるでしょう。つまり、薬剤師の数が増え続けているということです。また、6年制が導入されたことにより、今後は6年制の大学を出た人材を採用する企業や薬局などが増えていくといえます。
岩手県立久慈病院

どんな薬剤師が求められているの?

以前の薬剤師であれば、調剤だけを行っていれば良かったのですが、現在は地域医療に参加したり、病院内でチーム医療に参加する機会が増えてきています。つまり、専門性が高い薬剤師が求められてきているということです。

ということは、薬剤師が転職するベストなタイミングとは、より専門的な経験を積んだ後ということになるでしょう。

例えば、専門薬剤師を目指してみても良いですし、高齢者の医療に携わっても良いでしょう。これからは、在宅医療が益々広がっていくと考えられますので、そういった分野の経験を今のうちに積んでおくことも1つの方法です。

ようするに、今後どの分野でやっていくのかを明確にしてから、転職をするということでも遅くはないということになります。逆をいうと、他の薬剤師と変わらないスキルのまま転職したいのであれば、早めに長く勤めることができる職場へ、転職しておかなければならないということです。

男性薬剤師の職場探し

薬剤師といえば女性の方が多い職業なのですが、男性の薬剤師も増えてきました。 女性が多いというのは薬剤師に限った事ではありません。 例えば、看護師の仕事もかつては看護婦と呼ばれていたことからも分かるように女性が多いという特徴を持っています。

近年は薬剤師として活躍する男性も増え、様々な場所で姿を目にするようになりました。 ただ、すべての地域において男性の薬剤師が増えているとは言えないようです。 薬剤師として活躍していきたいと思っている男性の中には、男性の多い職場を選びたいという方もいるかもしれませんが、そのためにはしっかり求人情報を集めておきましょう。

どうしても女性ばかりの職場では働きにくいですよね。

残念ながら求人情報をチェックしても男女比などについては書かれていないことが多く、直接確認することもためらってしまうという方もいるでしょう。 そういった場合には、転職支援サイトを利用するのがおすすめです。

転職支援サイトであれば求人情報に書かれていない情報も持っているため、男性の多い職場を探してもらうこともできます。

もし仮に転職支援サイト側でそういった情報を持っていなかったとしても、こちらから質問をすると調べてくれるケースが多いので、気になっていることは相談してみると良いですね。

もちろん、男性が多い職場であれば必ずしも男性が働きやすいというわけではないかもしれません。 ただ、女性しかいない職場を選んでしまうと女性に取って働きやすい環境ができあがっている可能性が高いので、このあたりは注意した方が良いでしょう。

だからといって、余りにも男性薬剤師の在籍数にばかりこだわってしまうのもおすすめできません。 そのような形で求人情報を集めようとすると、どうしても選択肢の幅が狭くなってしまいますよね。

就職先を決める際には男性の薬剤師が多いかどうかという点だけでなく、総合的な働きやすさや収入、福利厚生など様々なことに注目していきましょう。

病院薬剤師の病棟業務とは

病院薬剤師が行う病棟業務とはどういったものなのでしょうか。 現在は医薬分業が進んでおり、薬剤師は薬に関する専門的な仕事を担当するようになっています。

その中でたくさんの患者さんと触れ合うことも増えてきたため、コミュニケーション能力も求められています。 医薬分業が始まる前はただひたすら調剤料も行っていたという薬剤師も珍しくありません。 そのため、患者さんと触れ合うことはそれほど多くなかったのですが、病棟業務をする際にはコミュニケーション能力が必須だといえるでしょう。

薬剤師は、患者さんに対して薬の正しい飲み方や注意点、副作用などについて詳しく説明しなければなりません。 人と話すのが苦手な人の場合、うまく情報を伝えることができず、患者さんも混乱してしまう可能性があります。

また、患者さんが抱えている悩みを聞いたり、アレルギーや副作用に関することを確認するというのも薬剤師の仕事です。

病院では投薬治療を行う患者さんもいますが、投薬治療が始まったらしっかり効果が出ているかどうかを自分の目で見て耳で聞いて確認するという仕事もあります。

思っていたほど効果が出ないということであれば、別の薬剤などについても考えなければなりませんし、医薬分業前のようにただ医師の処方した薬を調剤した上で患者さんに渡すというだけの仕事ではなくなっているのです。

医薬分業前に病院薬剤師として働いていたという方は病院薬剤師に復帰する際には新たに学ばなければならないことがたくさん増えたといえるでしょう。

病院薬剤師が抱える悩みとして多いのが、患者さんが処方した通りに薬を飲んでくれないというケースです。 なぜ飲んでくれないのかという悩みを抱える薬剤師が多いようですが、ここでもコミュニケーション能力が役立ちます。

どうしても薬が苦手という方もいますが、そういった方に対して無理なく薬を飲んでもらうにはどのように対応すれば良いのかなどを考えるのも薬剤師の仕事です。

ページの先頭へ