薬剤師はブランクがあっても再就職できるのか

薬剤師は、専門的な職種であるため、正社員だけではなくアルバイトや派遣社員など様々な働き方が用意されています。そのため、比較的自分の要望に合わせて仕事を探しやすくなっているといえますが、ブランクがある場合は話が変わってきます。

特に女性の場合、結婚や出産をきっかけに退職し、その後、数年に亘って現場を離れてしまうということが多々あるのです。 1年程度であれば、働いていくうちに勘を取り戻すこともできますが、あまりにも期間が空いてしまうと、なかなか復職に踏み切ることができないということが起きてきます。

確かに、薬剤師に限らず医療関連の業界は、常に進化し続けていますし、新薬も次々に登場しますので、現場で働いていた時とはかなり状況が変わっていることが多々あるものです。

それだけではなく、今まで理解していた薬剤であっても、使い方が変わっていたり、関連する法規が改正されていることもあるといえますので、ブランクが長くなるほど現場の仕事についていくことができないことは、珍しい話ではないでしょう。

では、ブランクがある場合は、薬剤師として復職することはできないのかというと、決してそのようなことはありません。

研修認定薬剤師制度を利用すれば良いのです。研修認定薬剤師制度とは、ブランクがある薬剤師向けに行われている制度で、利用することによって十分ブランクを埋めることができるでしょう。また、復職する際に研修認定薬剤師制度を活用して学んだことを伝えることができれば、ブランクがあってもだいぶ印象が変わってきます。

では、研修認定薬剤師制度を利用するためには、どうしたらよいのでしょうか。方法としては、研修会に参加して学ぶ方法と、自力で学ぶ方法の2パターンがあります。

詳しくは、運営元である公益財団法人 日本薬剤師研修センターに確認し、自分のペースに合ったあった方法で学ぶと良いでしょう。 また、研修会に参加する場合は、研修センターが行っている研修と、学会などが主催している研修があります。それぞれ特徴が分かれますので、事前に問い合わせて内容を確認するようにしてください。

ページの先頭へ