地域包括ケアシステムと薬剤師の関係

今後将来の日本の医療提供の鍵を握るのは「医療機能を細分化させてそれを機能的に連携させること」と「地域包括ケアシステムの実践」にあるといわれています。

地域包括システムは、医療や介護などの日常生活を地域の中で支援しようとする包括的システムです。 地域は生活の基盤となるエリアで、中学校区=人口は1万人程度を想定しています。 この地域包括システムの中核が<在宅医療>と<在宅介護>になります。

ここでは、地域包括ケアシステムと薬剤師の関係を考えてみましょう。

厚生労働省の長期推計による予測データを見てみましょう。 医療・介護の1日あたりの利用者は2011年で1,353万人、2015年で1,779万人、2025年で1,637万人となっています。 政策的介入を実施することで現状と比較して「居宅系・在宅介護利用者の増加」と「入院患者の減少」を見込んでいるのです。

こういった政策的な介入をしても総人口が減少しても総患者数が増えることは避けられません。 在宅医療や在宅介護にシフトすることは、すでに不可避的な流れになっています。 「医師」「歯科医師」「薬剤師」「看護師」「ケアマネージャー」「ヘルパー」「行政」が連携してこそ地域包括システムは機能します。

薬剤師に望まれる役割は「いつでも」「どこでも」「どのような場合にも」必要な医薬品を確実に適切に迅速に供給することになります。

医療提供施設の看板を上げている薬局にとっては、薬剤師が「居宅療養管理指導業務(介護保険)」をすることと「在宅訪問薬剤管理指導業務(医療保険)」をすることは避けられないのです。 逆に言えば、このことは薬局や薬剤師の存在価値をアピールすることにもなります。

地域包括ケアシステムへの体制を整備するためには休日や夜間の供給体制が課題になります。 特に在宅患者様への調剤提供は重要な業務になるでしょう。地域の医師会との連携もシステムの前提になります。 また各々の薬局との連携と対応や組織としてのバックアップ体制も必要になります。 在宅医療に対応するには無菌製剤ができる設備の確保・医療用麻薬の供給体制の確保も大切です。

以上、地域包括ケアシステムと薬剤師の関係を考えてみました。 ここで薬剤師の求められてるのは、在宅患者・施設療養者・医療関係者・介護関係者との協働でありチームワークです。 まずはコミュニケーションスキルがなければ話しにならないようですね。

ページの先頭へ