社会保障制度改革の影響は薬局薬剤師にもやってくる

調剤薬局の成長は、これまでは順調でした。 けれども現代社会は財政がひっぱくしており高齢社会が進行して様子が変わってきています。 医療制度をはじめとした社会保障制度は大きな転換期を迎えています。

ここでは、社会保障制度改革の影響は薬局薬剤師にもやってくることを解説します。

医療提供の分野では「地域包括ケアシステムの推進」「在宅医療へのシフト」「病院機能の分化と連携」が課題です。 消費税が8%に引き上げられるので人々の負担は増加したり給付制限はさけられないようです。 そんな中、日本政府は社会保障・税の一体改革大綱を閣議決定しました。

人口構成比率の変化が一層高齢化に進んでいく社会が予想されます。 「年金・医療・介護」などの社会保障を維持するには<給付と負担の両面>で変化に対応した世代間の公平性が担保される制度改革が重要だとしています。

少子高齢化により社会保障費が増えて行く中、社会保障制度を持続可能なものにするのが喫緊の課題です。 そして2020年度までに基礎的な財政収支を黒字に転換する財政健全化の目標達成に向け、より一層の取り組みが必要であるとしています。

一体改革から予想できることは「財政健全化」「世代間の公平性」「持続可能な社会保障制度」「超少子高齢化の到来」です。 そして調剤薬局業界では「競争激化」「処方箋調剤の伸び悩み」「後継者不足」の課題も山積しています。 業務内容についても厚生労働省や医療関係者や患者様などから医薬分業の費用対効果への厳しい指摘もあります。

これは世の中が変わろうとする転換期でも「変わろうとしない薬剤師や薬局への不満」と捉えてよいでしょう。 現状の薬剤師のあり方や薬局経営のビジネスモデルが通用せずに破綻する時代は遠からず訪れるでしょう。 薬局業界も変革しなければならない時代を迎えています。

大きな変化にいかに対応するかのビジネスモデル・ビジネススタイルを構築するのかが問われています。 薬剤師免許を持っており調剤しかできない薬剤師は駆逐される時代がすぐそこに来ているかもしれません。

ページの先頭へ